3Dプリンターでより正確な術前シミュレーションを

福島のインプラント名医いわきインプラントネット

診療のご予約・お問い合わせはこちら0246-29-8020

3Dプリンターを使用した
シミュレーション

  • TOP>
  • 3Dプリンターを使用したシミュレーション

インプラントの手術をより正確・安全にする
3Dプリンターを使用したシミュレーション

当院では、インプラントの手術をより正確・安全にすすめるために、"UP PLUS2"という3Dプリンターを導入しています。インプラント治療の用途としては、歯科用CTで撮影したデータを取り込み、3Dプリンターで骨格を作製し、それを元にインプラント体の埋入のシミュレーションを行います。

従来は患者さんの歯型を取り、それを元に石膏模型を作っていました。3Dプリンターでは、歯科用CTで撮影したデータをstlに変換し3次元の骨格・歯のデータを取り出した上で模型を造形することできます。それは石膏模型と比較して非常に完成度が高いため、精度の高い埋入シミュレーションが行えるというわけです。

精度の高い埋入シミュレーションが行えるということは、それだけインプラント手術の成功率が上がることを意味します。そして、より安全に治療を進めることができる裏づけにもなります。

■3Dプリンターで患者さんの負担も減ります

口腔内撮影とCT撮影によって取れたデータを3Dプリンターで造形するので、噛み合わせを事前に調整することができます。これにより患者さんの治療時間が大幅に軽減できます。また、実際に作った模型を見ながら、患者さんにも説明しやすくなりました。

"UP PLUS2" インプラント治療に使用する3Dプリンター

"シンプルかつ軽量な3Dプリンターでありながら、高品質の出力を実現します。同クラスの3Dプリンターの中では、トップクラスの性能を誇ります。UP Plus2の特徴は、オートキャリブレーション機能が導入されました。プラットフォームの高さが最適でないと、自動で調整を行います。
FDM(熱溶解式)方式のプリンターは、プラットフォームの調整が難しく、微調整の問題がどうしても出てきてしまいますが、UP Plus2はその負担を大幅に軽減してくれます。
デスクの上に気軽に置けて使用できる3Dプリンターです。"

出典元:https://www.pp3dp.jp/3d001.html