歯科用CTはインプラント治療に欠かせません

福島のインプラント名医いわきインプラントネット

診療のご予約・お問い合わせはこちら0246-29-8020

歯科用CT

  • TOP>
  • 歯科用CT

いわき市で初導入!
もっとも高精細のうちの一つといわれるプランメカ社CT

当院ではできるだけ安全で的確な治療を目指すために、歯科用CT装置(プランメカ社製 プロマックス2D/3D)を導入しております。従来の2次元のレントゲンとは異なり、3次元であることによって今まで見えなかった部分が、精密・立体的に見えるようになります。従来の2次元レントゲンでは隠れて見えない部分があり、診断に限界がありました。

CTは立体的で精密な三次元の画像を得ることができるため、インプラント治療で必要になる骨の診断、親知らずの位置、根の先の病気、矯正治療、腫瘍など、お口の中の色々な病気の詳細な分析、正確な診断が可能です。従来のCT に比べて、当院の歯科用デジタルCTは、先進のテクノロジーによりX線照射線量(一般CTの約1/5以下)が少なく患者さんにやさしいCTです。

プロマックス2D/3Dの特徴

被曝量が少ない通常の医科用CTと比較して、放射線被曝量が約10分の1と少ないため安心して撮影して頂けます。撮影時間わずか数秒。短時間で撮影が終了するため、患者様への負担が少なく、また受信当日に精密な診断をすることが可能です。診断価値を高めるメロキシス3Dイメージングソフトウェア口腔内の状態の縦・横・正面の3方向だけではなく、斜めからのスライス断面まで、さまざまな形で表現することができるロキシス3Dイメージングソフトウェアを搭載しています。画像再構成の精度も高く、実際の顎に限りなく近い立体画像を表示することができるため、より診断価値の高い3D画像を得られます。車椅子にお座り頂いている患者様はそのまま撮影して頂けます。

正確な検査・診断を行うために

インプラント治療において、CTは絶対必要不可欠と考えています。レントゲンだけでは、その人の骨の形、血管、神経の方向、今自分が埋入しているインプラントの方向が正しいかどうかが全く分かりません。その為、術中もCTは必ず撮影し、確認しながらの治療を行います。またインプラントだけではなく、根の治療や歯周病の診断にも非常に有効です。

■CTのメリット

インプラントの埋入手術の前には、顎の立体構造を把握しておく必要があります。 CTスキャンの撮影により、顎の内部構造(骨の高さ・厚みや神経や血管の位置)を立体的に確認することができます。歯周治療歯槽骨(歯の周囲の骨)と歯の状態を立体画像で診断し、歯の周囲の状態を正確に把握することが重要です。根管治療(歯の根の治療)根の本数や神経の入っている管向き、そして位置を正確に把握することが可能です。また細かい根の破折も発見することができ、早期の治療が可能です。抜歯親知らず等の埋伏歯(顎に埋まっている歯)を抜歯する際は、歯根(歯の根)の位置や方向等を確認しておく必要があります。歯科用CTスキャナーの撮影により、埋伏歯と周囲の歯や神経や血管の立体的位置関係を容易に確認することができます。

歯列矯正歯並びや骨の状態が3次元で診断できることにより、短い期間で効率の良い矯正治療を可能にします。

まとめ

  •  見えなかったものが見える
    従来のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造などもリアルに見えます。
  •  放射線量の低被曝を実現
    総合病院などにある医科用CTスキャンは撮影時に1回で約2000マイクロ
    シーベルトの放射線量を浴びると言われています。
    当院の歯科用CTスキャンは29マイクロシーベルトと非常に低い放射線量で
    世界最小の低放射線量のCTスキャンを導入しております。
  •  わからなかったことがわかる
    顎の歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形状や骨質、骨量の状態、病巣などを立体画像で確認できます。
  •  治療の安全性を高める
    インプラントだけでなく、根管治療、親知らず、矯正など、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。