インプラント治療について

歯科用CTについて

従来のレントゲンは2次元では隠れて見えない部分があり、診断に限界がありました。CTは立体的で精密な3次元の画像を得ることができるため、インプラント治療で必要になる骨の診断、親知らずの位置、根の先の病気、矯正治療、腫瘍など、お口の中の色々な病気の詳細な分析、正確な診断が可能です。従来のCT に比べて、当院の歯科用デジタルCTは先進のテクノロジーによりX線照射線量(一般CTの約1/5以下)が少なく患者さんにやさしいCTです。

歯科用CTのメリット

CTで診断することにより、従来のレントゲンではわかることができなかった、歯や顎の骨の詳しい状態を正確に把握する事ができます。埋伏している親知らずの状況を正確に把握する事で、安全な抜歯が可能です。また、インプラント治療においては、顎の骨の情報を正確に知ることで、安全で質の高い治療を提供する事ができます。

見えなかったものが見える
従来のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造などもリアルに見えます。
放射線量の低被爆を実現
総合病院などにある医科用CTスキャンは撮影時に1回で約2000マイクロシーベルトの放射線量を浴びると言われています。当院の歯科用CTスキャンは29マイクロシーベルトと非常に低い放射線量で世界最小の低放射線量のCTスキャンを導入しております。
わからなかったことがわかる
顎の歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形状や骨質、骨量の状態、病巣などを立体画像で確認できます。
治療の安全性が広がる
インプラントだけでなく、根管治療、親知らず、矯正など、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な診査・診断により、治療の安全性を高めます。

▲Pagetop