入れ歯で困っている方へ

福島のインプラント名医いわきインプラントネット

診療のご予約・お問い合わせはこちら0246-29-8020

入れ歯に困っている

  • TOP>
  • 入れ歯に困っている

総入れ歯の悩みについて

片顎、または両顎の全ての歯が無い(無歯顎)場合は、一般的な治療として総入れ歯(総義歯)を使用してきました。総入れ歯は、入れ歯と歯肉の粘膜の吸着力を支えに固定しますが、それ以外に支えになる物がない為、残念ながら固い物を噛むことには向いていないのです。 また総入れ歯を使用する際、歯肉に痛みを感じることや、入れ歯がずれたり外れたりすることが多く、ストレスを感じることが多々あります。

そういった症状の改善のために、入れ歯安定剤を使用される方もおられますが、長期間入れ歯安定剤を使い続けると、歯肉がやせてくるなど口腔内に問題が生じる場合があり、あまり好ましい方法ではありません。 皆さんの多くの悩みは、「合わない、煩わしい、話しにくい」といったことがほとんどです。

■総入れ歯の噛み具合

総入れ歯で満足な食事(咀嚼)は困難と言われています。入れ歯と歯肉の粘膜との吸着力だけで支えるため、柔らかい物しか十分には噛むことができません。また、入れ歯の床と歯肉の間に食べ物のカスが挟まる場合があり、違和感や痛みを感じることもあります。

上顎の入れ歯の場合は、入れ歯の床で歯肉が広い範囲にわたって覆われます。そのために食べ物の温度が伝わりにくい等の問題を生じる場合があります。その問題を解消するため、熱伝導率の良い薄い金属で床を作成した入れ歯等があります。また、入れ歯が固く、痛みを感じる方のため、シリコン製のやわらかい総入れ歯もあります。
※金属床・シリコンの義歯は、健康保険適応外となります。

根が残せる歯があれば、場合によって、入れ歯と歯の根に磁石を取り付け磁石の力で安定させる「磁石アタッチメント義歯」の治療方法もございます。
※磁性アタッチメントは健康保険適応外となります。

■総入れ歯の審美性

総入れ歯をしっかりと装着していれば、金属部分(クラスプ)等がないため審美上の問題はほぼないといえます。かなり大きく口を開けた時に歯肉を覆っているピンクの床との境目などが見えることがあるかも…という程度です。

それより総入れ歯の場合は、外れないか、ずれないかという事が問題です。ずれて歯並びが歪むことを気にされる方が多いです。また、それより問題なのは「入れ歯が人前で外れるのは、かなりの辛い、恥ずかしい」と経験された方は仰られます。。

入れ歯を外すと歯が無いために唇が内側にくぼみ、頬がこけ、シワがより、実年齢以上に年齢を感じさせる表情に変わってしまいます。入れ歯は外してお手入れをする必要があるので、入れ歯を外した姿を他人はもちろん家族に見られたくないと思っておられる方が多くいらっしゃいます。

■総入れ歯からインプラントにされた方

このような理由から、総入れ歯が煩わしくインプラントにされた方は、入れ歯を取り外して洗わなくてよくなった、合わなくなった等、煩わしさから解放されて非常に満足されています。また、自分の歯でしっかり噛むことにより、食事もしっかりすることができ、会話も滑舌よく話せます。また、口元の筋肉も鍛えられ、表情が若返ったと喜ばれる方もいらっしゃいます。

部分入れ歯の悩みについて

部分入れ歯の場合でも、外れたり話しにくかったりしっくりこない、おいしく食事ができない、見た目が悪いなどの悩みが多いです。とくに装着しはじめは、慣れるためのリハビリが必要だからです。

また、部分入れ歯はクラスプと呼ばれる固定する金具を固定するため、隣接する歯を削ることになります。そうなると隣接する歯には常に負担がかかり、最終的には隣接する歯も失う可能性が高くなります。

インプラントを検討すべきか

悩みがつきない入れ歯ですが、費用面では保険適応されることもありインプラントと比べて圧倒的に低コストですむでしょう。ただし、健康面や生活面ではどうでしょうか。しっかり噛めないと口腔筋はやせ細り、顎の骨の量も少なくなっていきます。また、部分入れ歯の場合、隣接する歯に負担がかかり健康な歯もダメにしてしまう可能性が否めません。当然入れ歯の煩わしさから解放されることもありません。

私は自分の体験談からも自信をもってインプラント治療をすすめます。