インプラント治療について

超精密義歯・入れ歯の作成の流れ

① 型取り

おおまかな型取りをします。

② 筋形成

筋肉の動きや厚み、舌の動きを行って頂き、最適な位置に最適な形の義歯を作れるよう精密な型取りをします。

③ 咬合採得+フェイスボウ+ゴシックアーチ

歯がないということは咬むところがないということ=(イコール)どこでも咬めるということですよね?昔歯があった頃の咬み合わせを再現いたします。また、顎の動き方も検査いたします。

④ 試適と付着咬合器

その咬み合わせの位置で歯を並べてみます。もちろんそれをお口に入れて使う歯の色、大きさ、形等を確認していただきます。

⑤ 重合(パラジェット) 鋳造(キャスパック)

赤いロウの上に置いた人工の歯を入れ歯にする機械です。精密な仕上がりの義歯を製作することができる機械です。大学病院と同等以上の義歯が出来上がります。使う金属も多種類使用できる機械ですので、お好きな金属をお選びいただけます。

⑥ 完成義歯

完成した義歯です。ツルツル、ピカピカに研磨して仕上がっています。

※クリックして拡大写真がご覧いただけます。

⑦ 口腔内に装着時の義歯です

お口に入れてから歯ぐきとの当たり具合、咬み合わせも再度入念に調整いたします。

⑧ 吸着のムービーです

歯ぐきの状態が良い方は、この動画のように安定剤なしでも、ものすごい吸いつき(吸着)をします。

▲Pagetop