インプラントの危険性(リスク)を知ってください

福島のインプラント名医いわきインプラントネット

診療のご予約・お問い合わせはこちら0246-29-8020

インプラント治療の
危険性について

  • TOP>
  • インプラント治療の危険性について

治療を失敗しないために

インプラント治療は、十分な基礎知識と技術を持って行えば、非常に安全性の高い手術になります。安全に治療を行うためには、術前にしっかりとした診断を受けることが大切です。 また、インプラントを埋入する顎の骨には神経・血管があり、しっかり把握しておかないと危険です。

■失敗なくできるだけ安全に治療をするためには、設備・手術環境が整っている必要があります。

※それぞれをクリックすると詳細が確認できます。

CT撮影をして骨の形や量の状態を調べて、インプラント専門のシミュレーションソフトや、3Dプリンター、サージカルガイドで三次元的に埋入シミュレーションを行い、神経や血管に傷つけないように、また感染に注意しながら手術を進める必要があります。

インプラントのトラブルや
失敗の原因とは...

インプラントのトラブルや失敗は、患者さんの口腔環境など、患者さん側に原因がある場合もありますが、インプラントのトラブルや失敗の多くは、術前の診断、埋入手術、インプラント埋入位置のシミュレーション不足など術側の根本的な問題が原因になっている場合も多々あります。

例.1

インプラントが骨に固定しない
トラブルや失敗の原因

インプラントが、骨に固定(癒着) しない原因のほとんどは、インプラントを埋入する箇所の骨の状態とオペ開始時での術者の技術や現場の衛生状態の問題が大半を占めます。
これまでは、オペの知識、経験が豊富な インプラントや口腔外科の専門医、歯周病の専門医がオペ室など万全の衛生環境の中行っていたオペを、一般の歯科医師が通常の診察を行う診療室でオペ行うケースが多くなりました。よって、オペの技術・知識や経験などの差が原因で、インプラントが骨に固定(癒着)しないケースが起こることがあります。
また術前にCTなどで骨量や密度を確認せずオペを行った場合に、骨量が少ない場合や密度が低い場合には、インプラントが骨に固定(癒着)しない原因になることがあります。
最近ではインプラント自体の技術進歩により、インプラントが骨に固定(癒着)しない失敗は非常に稀になっていますが、術者の技術の差は、埋入後長期間の安定性の点ではインプラントの寿命に影響を及ぼすことがあります。

例.2

インプラント周囲の歯ぐきが腫れる(インプラント周囲炎)
トラブルや失敗の原因

インプラント周囲の歯ぐきが腫れる原因は、歯ぐきに近い表層部のインプラントが固定(癒着)した骨が吸収(溶ける)して、そこが細菌(歯周病菌)に感染することによって起こります。
多くの場合には、咬合の関係でインプラントに不適切な咬合の力が掛った場合に骨吸収が起こることが多いのですが、最近多く行われるようになってきた即時荷重インプラントなどでも、このようにインプラント周囲が腫れる場合があります。 即時荷重インプラントは歯を抜いた後の骨の治りを予測してインプラントを埋入するので、シミュレーションがうまくいかないと、インプラントの一部が骨に固定しないこともあるからです。

例.3

インプラントが骨を突き抜けたり神経に触れたりする
トラブルや失敗の原因

上顎のインプラントが上顎洞に突き抜けてしまったり、下顎のインプラントが下歯槽神経に触って麻痺がおこってしまうトラブルは、ドクターの技術的な問題も一つですが、術前にCTを撮っておらず、上顎の骨の厚さや下顎の神経の位置を、立体的に把握していないで、オペを行ってしまった時など、シミュレーション不足時に起こることが多いです。